業務用タブレット端末のメリット

  • 法人でタブレット購入する場合について

    • PCメーカーが販売するタブレットPCには法人向けモデルと個人向けモデルの2種類があります。

      同じクラスのCPUやメモリを搭載しているならば、性能に関する差というものはそれほど大きいものではないことでしょう。

      今年、最も指示を集めたタブレットの通販の専門サイトのこちらです。

      耐久年数については、法人向けモデルでは個人向けタブレットモデルよりも少し長めに設定されているでしょうが、2〜3年で償却するつもりならば、個人向けモデルを購入すると安い買い物ができるかもしれません。

      但し、法人の場合は、個人と違い、納品後、納品確認を行い、請求書に対して支払いする観点から先入れ、後払いが普通でしょう。



      ネット販売などを利用し、個人向けモデルを購入しようとすると、どうしても振込みやクレジットカード決済となるため、先払いとなってしまいます。

      Weblio辞書に関するお悩み解決にはこちらです。

      法人利用で大量のタブレットを導入したい場合などは、先払い方式は現実的ではありませんが、ごく少数の購入のケースであれば、出入りのベンダーさんから見積書を取得しても結構な価格となってしまうでしょうから、ネット販売などで個人向けモデルを購入することも選択肢の一つに入れておくと、賢い買い物ができるかもしれません。


      大量購入ならば、当然そのボリュームに対してディスカウントがあるわけですから、個人向けモデルの購入とは一概に比較材料にはならないかもしれませんが。最後に、個人向けモデルでは、延長保守年数が法人モデルより短く設定されている場合もありますので、その点も注意して購入を検討されるのが良いでしょう。

top